住宅ローン減税、控除期間を3年間延長。 by Y


昨年末に政府与党が決定した平成31年度の税制改正大綱より、

消費増税を踏まえた住宅所得対策として、「住宅ローン減税」の

控除期間を「3年間延長」すると発表されました。

住宅ローン減税は、年末の住宅ローン残高の1%を10年間、

所得税などから控除する制度です。一般住宅の場合は10年間で最大400万円、

長期優良住宅は同500万円が控除されます。


今回の措置により、住宅ローン減税の控除期間は現行の

10年から13年に延長されます。

対象は、消費税率10%が適用される住宅を取得し、

2019年10月1日から2020年12月31日の期間に入居した場合のみです。

2019年3月31日までに契約し消費税が8%となる場合は対象外となります。

11年目から13年目までの各年の控除額は、

以下のいずれか小さい額となります。

①住宅ローンの年末残高(4,000万円を限度)×1% 

②建物購入価格(4,000万円を限度)×2%÷3 

※認定長期優良住宅や低炭素住宅の場合はいずれも上限は5,000万円。

 

ご売却・ご購入等、不動産に関するご質問は

トラスティへお気軽にお問い合わせくださいませ。laugh
 

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930