夕陽と橋脚とおけいはんと byK


足場が外れて、その姿を現しました。

高校生の時は、くずは駅から京阪電車で通学していて

日々のどかな光景を見ていました。

当時は京阪電車の上を高速道路が走るなんて夢想だにしませんでした。

 

便利になるのは喜ばしいですが、

ちょっと寂しい気持ちにさせられた夕暮れ時でした。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930